女性なら知っておきたい痩せやすい期間

女性はホルモンの働きによって痩せやすい時期と、痩せにくい時期があるのをご存じでしょうか?
今回は痩せやすい時期をねらって効率よくダイエットをしよう!というお話です。

2種類の女性ホルモン

まずはホルモンの話から・・・・。
女性には卵巣から分泌される2種類のホルモンがあります。「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。

「エストロゲン」は卵胞ホルモンとも呼ばれ排卵の準備をするホルモンです。生理の終わりごろから排卵前の約10日間に多く分泌されるのが特徴です。

エストロゲンは女性らしい体つきを作るのには欠かせないホルモンで、骨密度を維持したりコレステロールを下げたり、感情を安定させたりする働きもあります。

40代半ばごろから分泌量が減少しはじめて、うつやイライラ、不眠、倦怠感などの更年期障害の原因だといわれています。

「プロゲステロン」は黄体ホルモンとも呼ばれ排卵後の妊娠を助ける働きがあります。生理前の約10日間に多く分泌されるのが特徴です。

プロゲステロン妊娠をサポートするホルモンなので、体に水分や脂肪をため込みやすくし、食欲を増進させる働きもあります。

生理後の10日間が痩せるチャンス?

生理前は水分や脂肪をため込みやすくるするプロゲステロン期ですので、ダイエットしても思うような結果につながらないかもしれません。イライラや倦怠感など月経前症候群などが現れる時期でもありますので、体重をキープできたらいいほうです。

ダイエット的には生理後~排卵までの約10日間がもっとも痩せやすい期間だと言われています。エストロゲンには脂質代謝を促しコレステロールや中性脂肪を下げる作用があるからです。

エストロゲンが多い期間はと精神的にも安定していますので、この時期に頑張ってダイエットするとよいかもしれませんね。

体脂肪を減らしすぎるとホルモンバランスが崩れる

ただ、ダイエットで気をつけてほしいことがあります。体脂肪とホルモンは密接に関係しているからです。生理不順の原因の多くは女性ホルモンのバランスの崩れによるものです。体脂肪を減らしすぎると生理が止まりますwobbly.gif

体脂肪と女性ホルモンには関係があって、ある程度の体脂肪になると月経が始まります。体脂肪が22%以上あると、ほぼ100%、月経が順調にきます。ところが、ダイエットして減らしていくと、体脂肪17%ぐらいで半数ぐらいが月経異常になります。12%を割ると100%月経がとまります。体脂肪は大変大事ですが、最近はみんな体脂肪を減らそうとして、月経が止まり、精神的にも不安定になり、骨の状態や胃腸の調子が落ちている若い人が増えています。
引用:危険なダイエット、安全なダイエットより

女性の場合体脂肪が少なければよいということではありません。是非、引用先のホームページもご覧ください。

タグ

「ダイエットの基礎知識」カテゴリの最新記事

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ